コンプライアンス

コンプライアンス運用について

(株)ジェイエイ・メモリアルセンターは、”CSR”(Corporate Social Responsibility)即ち、「企業の社会的責任」の一環として、平成17年4月の「個人情報保護方針」制定及び発表、平成20年11月の「ISO 9001品質マネジメントシステム」認証取得及び登録、及びそれらに引続き、本年5月には『コンプライアンス運用規定』を策定し、適用対象を弊社はもちろん弊社の協力企業も含めて、規定の運用に取り組んでまいりました。

コンプライアンス(Compliance)とは、“法令等遵守”と訳され、関係する法令・規制をクリアすることによって、お客様の不利益を防止し、安心・安全が確約できる製品及びサービス等を提供するため、企業が取らなければならない行動規範のことである。さらに、最近ではこれらの法令・規制のみならず、社内規定、企業倫理、社会規範、社会通念、道徳、良識まで含めて遵守するべき、という考え方に変わってきています。

弊社では、これらを踏まえ、『コンプライアンス運用規定』を定め、そのための組織としてコンプライアンス監視委員会を設け、その最高責任者に常勤役員トップである常務取締役を任命いたしました。コンプライアンス監視委員会の機能として、会社内部のコンプライアンス違反、及び外部からの不正への勧誘や反社会的勢力からの接近などを監視することはもとより、違反行為に対する未然防止策としての”内部通報制度並びにホットダイヤル制度“を確立させ、お客様に不利益を及ぼすことが無いように、弊社自らの自浄作用を促し、その環境及び体制を整えることが求められます。

コンプライアンスの運用にあたっては、従業員一人ひとりの理解と、それに取り組むための姿勢が不可欠である。

そのため弊社では昨年度から全従業員並びに協力企業を対象にして、数回にわたって研修を実施し、コンプライアンスの重要性、並びにコンプライアンス違反が及ぼす影響とその怖さ等を勉強し理解してまいりました。今後もこの研修等は継続いたします。ここに、弊社のCSRとしての位置づけである3つの活動、即ち個人情報の保護・ISO9001品質マネジメントシステムの運用・コンプライアンスの適用に積極的に取り組み、社会的責任を全うすることを、改めて宣言いたします。


次に弊社の『コンプライアンス運用規定』から“基本方針”を抜粋して、ここに掲載いたします。

コンプライアンス基本方針

(平成22年5月1日制定)

  1. 私たちは、当社の社会的責任と公共的使命を認識し、健全な業務運営を行ないます。
  2. 私たちは、法規制並びに企業倫理、社会規範、良識等を遵守いたします。
  3. 私たちは、お客様の満足と安全を何よりも優先し、製品及びサービスを誠実に適正な品質で提供いたします。
  4. 私たちは、反社会的圧力に対しては一切迎合することなく毅然とした態度で臨み、フェアで透明なビジネスを展開いたします。
  5. 私たちは、真心と思いやりを持って人に接し、さらに人権と個性を尊重します。
  6. 私たちは、地域の文化的伝統や風習を尊重し、地元密着企業として活動いたします。
  7. 私たちは、重大な法令違反や倫理問題等に直面した場合は、それら不祥事を隠蔽することなく、誰もが納得いく解決策を施し、再発防止はもちろん、未然防止にも努力いたします。
  8. 私たちは、お客様の情報をはじめ、あらゆる個人情報を適切に取り扱い、第三者への漏洩や、本来の目的以外に使用することなどの無いように、細心の注意を払って行動いたします。
  9. 私たちは、地球環境に配慮し、製品及びサービスについて、製品等のそれぞれのライフサイクルをトータルとして考え、環境負荷の低減に努力いたします。
  10. 私たちは、自分自身の判断と行動に責任を持ち、常にコンプライアンスから逸脱することがないように行動いたします。
ページのトップへ戻る