葬儀の流れ

ご家族がお亡くなりになると、通夜や葬儀のために様々な準備が考えられます。
故人が健在のうちにはそうした準備は当然避けたい気持ちがありますので、いざお亡くなりになられたら何をしてよいか分からなくなります。ここではおおまかに、臨終から葬儀までの流れをまとめました。

臨終から葬儀まで


1.臨終

家族・親族に亡くなったことを報告、また、菩提寺・宗教関係者に一報を入れるその後、当メモリアルセンターへ連絡。
ご自宅以外で亡くなられた場合は、当JAの寝台車でご自宅までお送りいたします。

【不慮の死に見舞われた方々へのご案内】

2.御安置(枕飾り)

ご自宅にて御安置する際は、頭は北に向けて(あるいは西)手は胸の上で組ませお顔には白布でお顔当てをします。この状態で納棺まで御安置いたします。枕元には、 ローソク、線香などを飾り、お灯明を燈します。

3.喪主の決定

喪家の代表者たる喪主には、葬儀後も年忌法要などの供養を行う人がよい。
世帯主・配偶者・長男・長女などが一般的です。

4.葬儀内容の決定

通夜、葬儀の日程は、お寺、斎場の関係もありますので、喪主・お寺・隣組の間で相談します。
葬儀の内容につきましては、メモリアルセンター職員がお伺いいたします。

5.各手配関係

  • 遺影(元になる写真をご用意下さい。)
  • 斎場への送迎車
  • 会葬礼状・会葬返礼品
  • 飲食物
  • 受付筆記用具、封筒類
  • 喪服

6.通夜

通夜は、午後6時~7時頃から始めます。僧侶の読経の後、焼香、喪主挨拶となります。また地域によっては、通夜振舞いを行います。

7.出棺

お棺を花で飾り、お別れの品を納めます。最後のお別れの後、ご出棺となります。

8.火葬・骨上げ

火葬にかかる時間はおよそ1時間30分~2時間です。
ご親族の方々は、係りから連絡があるまで待合室でお待ちいただきます。

9.葬儀準備

  1. 弔電の整理
  2. 弔辞の確認
  3. 席順、焼香順の決定
  4. お布施の用意

10.葬儀

葬儀は、宗派や会場によってまた、故人(喪家の事情)によって多少異なります。 一般的には、次のような順にて執り行われます。

  1. 参列者着座
  2. 導師入堂
  3. 開式の辞
  4. 読経
  5. 遺族・会葬者焼香
  6. 遺族代表謝辞
  7. 導師退堂
  8. 閉式の辞

※最近では、葬儀当日に初七日法要をつとめることが多く、法要後、納骨、 精進落しと進む場合が多い。
なお精進落しの席では、僧侶、 世話役、手伝いの方をおもてなし してください。

ページのトップへ戻る